こんにちは、ねこミカンです(*^-^*)

 

私は、フルタイム勤務から時短パート勤務に切り替え勤務時間を減らした分をネットビジネスに時間を回しています。

 

時短パートに切り替えネットビジネス、アフィリエイトでご飯を食べて行くと決めて行動に移してから親に”事後報告”として伝えました。

 

もちろん、めちゃめちゃ呆れられましたしいい年して怒られもしました。

 

しかし、私はこの選択を間違ったなんて思ってはいません。

だってシングルマザーだからって窮屈な世界で生きていたくはないから。

 

窮屈な会社に囚われず、やりたい事や好きな事をドンドン挑戦してイキイキした母であり一人の人間として生きていきたいのです。

 

そして

母として経済的に自立する姿を子どもにもみてもらいたい。

周りから”シングルマザーなんだから”という概念を覆したい。

そんな気持ちもあって取り組んでいます。

 

私のメンター(師匠)のブログページ
雇われない男@橋本雅の日常や想いを徒然なるままに

関連オススメ記事

シングルマザーの人生が変わったある1つの出会い


この記事イイネ!と思ったらポチッとしてもらえると喜びます(*^-^*)

世間は窮屈な世界に止まらせたがる

家族や友達、あなたの周りの人たちはあなたが【アフィリエイトで生きていく】というような選択を公言すれば、制止や猛反対をしてくるでしょう。

 

 

あなたの周りの人たちはもちろん、世間からも既に誰が作り上げたかもわからない【こうあるべきだ】という概念に従ってあなたを説得しにかかります。

 

アフィリエイトで食べて行く”なんてよく知らない人からすれば

「そんな無謀な賭けに出て失敗した時どうするの?」

「よくわからないことするより子どもの為にちゃんと働くべきだ」

とあなたを心配する気持ちも含んで止めにかかります。

 

しかし、私からすれば言葉がキツく申し訳ないですが「有難迷惑」です。

心配してくれる気持ちは本当に嬉しいですし感謝しますが、私の自由になりたいという挑戦を諦めたとして子どもを含めた私の人生を周りの人たちが豊かにし支えてくれるのか?と聞けば答えは「いいえ」です。

 

じゃあ、自分自身の手でやりたい事や好きな事ができる自由を手に入れるしかないですよね

 

あなたの最大の壁は身近な人

 

家族や友達、あなたの周りの人たちはあなたにとって安心出来たり心のより処だったり。

間柄の近い人たちからの「やめときなよ」という制止はあなたの決意を簡単に鈍らせます。

 

間柄の近い人はあなたがアフィリエイトを挑戦するにあたり意外な壁になり得る可能性があるということです。

 

アフィリエイト自体もまだまだ偏見のあるビジネスでもあるので、周りからすればそんな怪しいこと辞めた方がいいという人もいます。

 

しかし、あなたはアフィリエイトが怪しいビジネスでないと理解できたから挑戦するんですよね。

 

その気持ちに自信を持って取り組んでください。

 

自分が信じて挑戦し突き進まなければ成功も掴めません。

周りに簡単に惑わされるような決意では時期に離脱してしまっては時間が勿体ないです。

 

結局周りになにを言われようが真っ当にアフィリエイトビジネスを取り組んでいればおのずと成果は出てくるのです。

挑まなければ何も手に入れられません。

 

不安もついてくるでしょうが、一緒に頑張りましょう!(*^-^*)

おすすめの記事